夏休み! ~終わり~

画像遅い目の夏休みは台風に翻弄されました。日曜日の朝早くから新穂高から双六小屋までがんばって歩こうと思っていたのですが、平湯温泉で様子見の一日を過ごしました。




日、月、火と2泊3日の予定で、水曜日が予備の日に取ってありました。
いきなり予備日を使ってしまって、元気なら笠ガ岳まで行きたかった相棒のもくろみも、
草津温泉でゆっくりしたかった私のもくろみも台風の風に飛ばされました。

それでも予定通り双六岳から三俣蓮華岳まで歩けたのでほっ!
この計画は去年に組まれていたのですが、割れた膝のお皿を抱えては
無理やろうと却下されて、半分だけ同じコースを歩かれたchikaさんのレポを
羨ましく眺めていました。

双六、三俣蓮華のレポはこちら

http://kamikouchi.okoshi-yasu.com/201109kitaarupusu1/201109kitaarupusu1.html

そしてあとは奥志賀でのんびり、ゆっくりの時間を過ごす予定でした。

結局のところ毎日歩いていたのですが・・・
最後の朝食の時間を迎えました。

「今日は暖かいのでテラスで食事ができますよ!」
(当たり前に聞いていたのですが、今は残暑厳しい9月なんですよね。)

画像


テラスのテーブル席へ一番乗りです。

画像


食事の後は少し散歩して、暑い京都に戻ります。

画像


私たちが過ごした部屋が見えます。

画像



帰り道は小布施ワイナリーによってワインを貰います。
小布施ワイナリーはワインの木のオーナー制度があります。
オーナーになって4年目からプレゼントワインが貰えます。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

Chika@アルイタ
2011年09月13日 09:16
優雅な夏休みでしたねー。
気づけば9月も1/3過ぎて・・・いつまでも暑いけど(涙
何やかやとバタバタな毎日ですが、がんばって連休は山いきたいー!
さえさんはどちらへ避暑(避残暑?)行かれるのかな♪
2011年09月13日 09:43
ほ~んと優雅な夏休み・・・
そして、それに上手く山をあわせて。。。
うらやましぃ~♪でっす^-^
うちら~みたいに、テントと車でしか泊まらへんのとは
内容の濃さがちゃうようで・・・(@@:)
楽しんでますね~♪

確かに台風には翻弄~♪・・・やられました><

でも自然相手やから、仕方ない!かな?

山レポ、拝見しますね~ 
まめちゃん
2011年09月13日 11:12
優雅な中にしっかりと登られている

うまい時間の使い方されてますね!
山もさることながら美味しい食べ物についつい目が止まってしましますが・・

双六ー三俣蓮華 行きたい登りたいところなんで
詳しくレポお願いしますね!

2011年09月13日 12:26
chikaさん残暑がやたら身に応えるさえです。
岩盤浴で鍛えたはるchikaさんにあやかろうとがんばって歩いてきました。
次の連休は富山です。
2011年09月13日 12:34
みいさん、テントとお酒担いでどんどんあるおられる姿をいつも羨ましく思っています。でも、もう年ですから今からは無理です。
雲の平そのうち追っかけしますね。
我が家の場合、3泊は必要かもしれません。
それでも、みいさんたちが歩いて楽しい!をばらまいて下さっているから続いていけるんだと思います。
2011年09月13日 12:38
まめちゃん、レポただいま作成中です。
今しばらくお待ちを!
chikaさんとこは初日に双六小屋まで行かれたけど、出足遅れと雨で鏡平までしか行けませんでした。
テン場が双六しかないので、そこさえクリアしたら大丈夫ですよ。

おいしいネタまだもう一つあるんです。乞うご期待!
どら
2011年09月22日 08:53
羨ましいです 歩きたい道です。
去年 まだバイトで繋いでいた息子が このあたりの山小屋でバイトしていました。そのとき この道なら お母さんにも行けないことはない・・・と言われいつか・・・と思っていましたが やっぱりむりかなぁ
ひとのレポを指をくわえてみている私です。
お風呂とご飯の問題解決したら 帰りたくなくなるかも知れませんね
2011年09月22日 14:53
そうなんです。三俣蓮華の山頂でこのまま戻らず水晶から折立まで歩いていきたいと思いましたよ。

おまけに、八ヶ岳の岩場より楽ちんな道なんですよ。
小屋もたくさんあるし、私たちの1.5倍の時間かけて歩いていた単独ご婦人がおられました。
お天気さえよければなんとかいけるところだと思います。

この記事へのトラックバック